2008年02月04日

人を計るものさしはない。

大切なことは、懸命に生きること。


20年前、長男が出産時の異状で仮死状態で生まれました。

長く保育器のお世話になり
母乳も最初は1日5ccずつでした。

2ヶ月ほどの入院のあと
自宅に帰ることができました。

たくさんのお見舞いの方々が来られましたが
口にこそ出さないけれど

「何かおかしい」「変!!」・・・

そんな顔をして帰って行かれました。

中でも保健婦さんが来られたときは
本当にショックでした。

「身長も体重も標準に足りません。
 発育も遅れています。
 普通ではありません。
 どこかに相談されては・・・」

入院していた病院へ行き
主治医の先生に相談しました。

その時の先生の言葉、今も忘れることは出来ません。

「人を計るものさしはないんですよ。
 この子が懸命に生きていることが、大切なんです。
 標準なんて、あやふやな言葉に迷っていてはいけません」

心の中のモヤモヤが、
吹き飛んでしまう思いでした。


この長男も来年は成人式。

のびのびとしたおおらかな子に育ってくれました。

今は公務員として働いています。

「標準」という言葉に縛られなくて本当に良かったと思います。


〜田尻京子〜


◆コトバのチカラ  PHP研究所


コトバのチカラコトバのチカラ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] コトバのチカラ
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2004-05
[出版社] PHP研究所

>>Seesaa ショッピングで買う

posted by 昨晩 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。やはりこの本、読ませますね。
時間が無くてコメントしていませんでしたが、ずっとブログは拝読させていただいてました。




Posted by 紅い花 at 2008年02月08日 17:11
紅い花さん、こんばんはッ
そしてお久です。

この本 手に取る頻度が高いんです。
いい本に巡りあえるとシアワセですね。
Posted by 昨晩 at 2008年02月09日 01:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

石ころだって、誰かの役に立っている。
Excerpt: 「石ころだって、誰かの役に立っている。」 「言葉ノート」というブログで教えてもら
Weblog: Love
Tracked: 2008-02-15 16:16