2017年07月01日

1年も早や折り返し明日からは「〜したかのような」顔して生きる

潜在意識には時制がないので

それが未達成の願望であったとしても

達成したかのような気持ちや行動をすることで

潜在意識はそれがすでに達成したと認識して

後追いで現実をその願望に寄せていくという。

これを潜在意識の自動運転機能という。



願望を達成した自分なら、こう言うだろう。

願望を達成した自分なら、こう動くだろう。

願望を達成した自分なら、こう考えるだろう。

願望を達成した自分なら、こういう服を着るだろう。

願望を達成した自分なら、こういう歩き方をするだろう。



自分の行動や思考を常に

「願望を達成した自分」フィルターを通すことで

潜在意識はすでにその願望が達成されたと認識する。

その繰り返しが、願望を現実のものとしていく。

引き寄せの法則とは、こういう側面もあるのではないか。



潜在意識に願望が達成したと思わせることは

そして

現実の自分の言動が「願望を達成した自分」と同じであれば

自己肯定感、自己評価は高くなり

メンタルも強く健康的になるから

顔つき、声の張り、姿勢、佇まいが

願望を達成した自分そのものになるだろう。



傍から見れば「勘違い野郎」だし

「痛いヤツ」だし

「思い込みの激しいヤツ」であるが

現状や環境に対する自分の見方や受け止め方が

願望を達成した自分になっているので

悲観的にならず、余裕でいることができるのである。

「成りきる」ことの強さである。








posted by 昨晩 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック