2017年07月29日

白いユリにも黒い影ができる

どこの家にも怖いものはいる 読了。



三津田氏の本は短編をいくつか読んだことがあるだけだが

独特の実話風というか

虚実が混在する手法に

「今は」面白いと感じている。



家にまつわる実話怪談は

霧島ケイさんの「三角屋敷の怪」が一番と思うが

三津田さんのこの話も

読み物ではあるけれど

おそらく随所に氏が経験したり聞き集めた怪異が

ちりばめられているのだろう。

そうした手法がこの話を小説とは感じにくいテイストに仕上げている

一因であると思う。



タイトルの言葉は

本来の意味とは別に

こうした怪異にも

あてはめることができるのではないだろうか。




posted by 昨晩 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通り過ぎた「通りゃんせ」

朝刊に佐藤公彦さんの訃報が載っていた。

同姓同名の別人かと思ったが本人だった。

65歳 心筋梗塞とのことだった。



僕は「通りゃんせ」しか知らないが

佐藤さん、

というよりは「ケメ」と呼んだほうがしっくりくるが

ケメは当時(1970年代前半)その童顔と

メッセージ色の強いフォーク界にあって

独特のソフトな色合いの歌で

ある意味異色というか他に人があまりいない立ち位置にいて

一定以上のファンがいたように記憶している。



なんだかうまく言えず

変な文章になっているが

要は、僕的にはそんな好きではないが

それなりに人気があったということだ。



その風貌と歌の世界観で

存在感は確かにあったし

ラジオのパーソナリティもしたりしていたので

露出はそれなりにあったからね。



それ以降、佐藤さんのことを思い出すこともなかったが

こうして朝刊で訃報を見ると

早すぎるだろ という驚きと悔しさとともに

その存在や影響力の大きさは個人差があるとは思うが

また一つの時代が終わった という感慨も湧いてくる。



こうした大小の出来事の重なりで

季節が変わるように時代もまた

ゆっくりと、そして確実に変わっていくのだな と

実感した朝だった。




佐藤公彦さんに 合掌。



posted by 昨晩 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする