2016年12月29日

キレイと言われないと花は咲かないのか

他人の評価に依存する生き方





花は咲く時期が来たら咲く。

それまでは内側で咲く準備をしている。

そして、条件や環境が整ったら、咲く。



ぶれず、迷わず、悩まず、揺れず、惑わされず

ひたすら自分のペースで、自分の意思で、咲く。




周りから、キレイだと言われようと言われまいと、咲く。

咲いて欲しいと期待されようと期待されまいと、咲く。

無関心、無視、声をかけられなくても、咲く。




光や水や栄養は必要だけれど

キレイだとか、咲いて欲しいだとかの評価や期待がなくても

存在すら知られなくても

そんなのに関係なく、咲く。





良くも悪くも、人は評価をするものである。

あれこれ言うものである。

そういうものだ。

それは言わせておけ。



だが、それと自分の価値とはまったくリンクしない。

自分の価値は自分が知っていればいい。



他人の評価を気にして

その評価を意識すると、自分でなくなってくる。

辛くなる。むなしくなる。そして、不安定になる。

なぜなら、他人の評価は実態がないからである。

物事の一部しか見ていないからである。

物事の一面しか見ていないからである。

評価者の主観だからである。





評価は人がするものである。

評価は深く知らないでするものである。

評価は変わるものである。

評価は不安定不確定なものである。




自分の価値を他人の評価で計ってはいけない。









posted by 昨晩 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

一枝が動いたが、万の葉は従わず。

人生は面白いな。

思い通りにいかないもんな。



まったく想定外というか

考えてみたことすらないことが

自分の身に起きることって あるんだよ。



神も仏もないのか って思うよ、そんときは。

俺が何をしたっていうんだ って大声で文句を言ったよ。

まぁ 言った所で何も変わらないけどさ。

でも言わずにゃ要られないよ。



お決まりのコースで

腑抜けた日々。

どれだけの時間を流してきたか。



ねぇ 大切にしなきゃいけない今日という日を

ずいぶん無為に過ごしてきたな。



あの頃にこの言葉を知っていればな と思うよ。



相手を憎むな。

判断力が鈍る。




俺は自分を憎んで

ずいぶん遠回りをしたよ。



そして周回遅れで

今 スタートラインさ。









posted by 昨晩 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦も楽と思うも迷い 苦も楽も夢の中なる夢のたわむれ

苦しみや悩みって

逃げると追いかけてくる。

だけど

覚悟を決めて向き合うと

ぜんぜんたいしたことない。



自分の頭の中で

勝手に大きくしちゃってるんだな。

そしてその妄想にびびっちゃってる。

情けないけどコレがほんとのところ。







posted by 昨晩 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

海に漕ぎ出そう


不安も苦難もあるだろう。

しかし、努力を重ね勇気を持って

海に漕ぎ出そう。



立って水面を見つめるだけでは

海を渡ることはできない。







もういいんじゃないか?



時間を無駄にしなくても。

考えすぎは考えないことに通ずる。

動かないことは間違い続けることと同じ。

間違えることはあってもいいが

間違い続けることは、よくない。



posted by 昨晩 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

change or die


みんなは変われない

変わるなら僕だ

みんなは動けない

動くなら僕だ



僕の中で始まっているカウントダウン

僕にだけ聞こえる僕の非常ベル



そもそも僕の問題

自分で考え

自分で決めて

動く



動かないと死んだも同然

動いてもどうなるかわからない

だけど

動かなければ今の気持ちが明日も続く

この今の気持ちが、だ。







posted by 昨晩 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

先人の言葉は、叡智であり指針である。

人の数だけ生き方があり

うまくいったり、いかなかったりしたことが

星の数ほどある。



そうしたなかで、ありがたいことに

うまくいったり、いかなかったりしたときに

自戒の念をこめて

また自身や後任の安寧な再現のために

言葉を残してくれているケースが多々ある。



そうした言葉を自身の困難や苦難のときの

支えとしたり指標とすることは

スピーディーな脱却や回復にとても有効である。



そうした言葉を多く知ることは

自分の人生に他の多くの人たちの生き方の工夫を

取り入れることであり

よりよく生きるための道しるべとなる。



言葉を知るということは

一人ではないということであり

強いということである。







posted by 昨晩 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

我身今 消ゆとやいかに おもふへき 空よりきたり 空に帰れば

どうして人は感情的になるのだろう

感情は大事だし

感情を露にする方が良いときもある。

しかし、感情で判断したり行動してはいけないときもある。

その区別が付くことが「大人である」と思うのだが



相手によい感情を持っていないのならば

別に仲良くする必要はないけれど

わざわざ相手の気分を害する必要もないのだ。



なのになぜ



世間的には十分な立場にいて

分別も付いているはずなのに

感情的になるのは

とても残念だ。



やりすごせばいいのだ。

距離を置けばいいのだ。

最小限の接触だけにして

支障が出ないように気を配って

あとは離れていればいいのだ。



なのに



本当にそれでいいの?

自分のしていることがどんなことかわかっているの?



僕は刺々しい雰囲気を憎む

そこからは怯えと恐れと緊張と嫌悪の感情しか生まれない



みんなと仲良くすればいいのに

みんなが仲良くなれればいいのに




老人のつぶやき / オフコース from pinkk101 on Vimeo.






posted by 昨晩 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

なにか求むる心海に放つ

この夏以降

僕は心の置き処を探して

あちこち転々としている。



数えればもう丸4ヶ月

週末は必ず泊まりで出かけている。



このブログも

アドセンスもやめて

土日は家を離れあちこち出かけている。



「心が落ち着く場所」



そんな場所を探して

山に行き

街に行き

里に行き

田舎に行く。



どこも良いけど

何かが足りない。



この前の日曜に行ったところは

木が生い茂る静かな場所だった。

ベンチがあり、陽射しが当り、何時間でもそこに居られた。



先週行ったところは

山の斜面の木が新しく植えられている

整然としたところだった。

気持ちが落ち着き

来し方行く末を考えるには

ちょうど良い場所だった。



更にその前行った場所は

住宅が立ち並ぶ一角であった。

周りから自分がここに居ることが丸見えで

落ち着かない場所だった。





ところで僕はどうしてそのような場所を探しているのだろう。

落ち着くとはどういうことだろう。

自分の何かをそこに行ってどうしようというのだろう。



終わりはあるが

見えにくい

これも旅といえるものだろうか。







posted by 昨晩 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

はだかにて生まれてきたに何不足

むかし

うちの子供たちが小さいとき

まわりには同じくらいの年の子供が

たくさんいた。



おかげで

まいにちにぎやかで

時にうるさく

母親たちはとても大変に見えた。



今住んでいるところは

小さな子供があまりいない。

おかげでとても静かだ。



だけどその静かさが

ときにものたりなくて

地域に生気が感じられない。



思うに

小さな子供は命そのものだ。

輝いていて

躍動していて

未来そのもので

可能性に満ち満ちている。




まぶしいくらいのそのキラキラは

こちらの顔や心を明るくするが

その反対側の小さな部分は

とても暗くなる。



ぼくも遠い昔には

あのキラキラを持っていて

知らないうちに周りの大人たちを

照らしていたのだろうか。



そして

いつの頃からか

自分の持っているすべてや

持っていないもののすべてを

ほかの人と比べて

喜んだり悲しんだり悔しがったりねたんだりしている。



ねえ、たかがしれているそれきしのことで

感情が揺れ動くなんて

なんて小さい。



それが本質か?

本質だとしても

少しは変わらなきゃ

成長しなきゃ

生まれたときは何も持っていなかったんだから。







posted by 昨晩 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

世の中は起きて稼いで寝て食って後は死ぬを待つばかりなり

今年の四月から始めたyoutube アドセンス。

1ヶ月100動画作成を3ヶ月続けて

7月にようやく収益支払いを受け

よしこれからッという矢先に

「無効なクリック」による30日間のアドセンス一時停止。

当然心当たりはまったくなし。

俗に言う「アドセンス狩り」ってやつにあって

一時中断。

自分なりに考えた対処をして30日間の停止解除をひたすら待つ。

停止解除後もおそるおそる反応見ながら再開するも

またまた異常なクリック率。

なんとかしないと

今度は一時停止でなく永久停止になっちゃう。

ということで

やむなく全動画収益化外し。

これじゃあ、なんのためにやってるかわからない。

通報は何度かしたけど

ぐーぐるは何も言ってこないし

何かやるときは問答無用だし

やっぱりプラットフォームに依存したビジネスモデルは

不安だね。

オーナーの言いなりだし、

ルールが変わったらナッシングの可能性もある。

ということで

違う稼ぎ方にチャレンジすることにする。



でも集客装置としてみたらyoutube はすごいから

これを利用しない手はない。





今年の春以降、このブログの更新を後回しにしてまで

取り組んできたyoutube アドセンス。

そういうわけでアドセンスは少し休むけど

動画の作成の仕方や投稿の仕方

なにより再生回数の上げ方を経験できたことは大きかった。



今後はサイト(またはブログ)を作ったら

その属性に合った動画をyoutube にあげて

そこからサイトにアクセスを流せばいいので

効率よくアクセスを稼いで収益を上げることができる。



不動産以外でも「ほぼ不労所得」になり得る資産となるよう

もう数ヶ月がんばってみよう。



posted by 昨晩 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする