2015年10月30日

歩き出せ選ばれなかった栄光を今こそつかめ選びにいけ





前の会社でいっしょだったヤツから久しぶりに電話があった。

どうした?と聞くと

来月で定年退職する。なんとか無事勤め上げたから

一応言っとこうと思って、とのことだった。



そうか。そうだよな。。。

長かったけど、あっという間でもあったな。



近いうちに会うことを約束した。



夜、帰宅してカミさんにそのことを伝えると

そういえば と言って

自分のスマホの画面を見せながら

次男が内定もらったって。



そうかッ やっと決まったかッ

よかったよかった。



走り終えたヤツがいれば

これからスタートラインに立とうとするヤツがいる。



いいね、この人生いろいろって感じ。



娘の就職も決まり、次男も決まった。

これでもう、家族のためという言い訳ができなくなる。



我慢することも先送りすることもなく

自分の好きなようにできる。

さあ、どうする 俺。

楽しもうぜ。






posted by 昨晩 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

ひそやかに大人の君は覚醒せり 上京を決めた17の夏に


いつのまにか少女は/井上陽水 投稿者 nishiyan511



好い天気だったので

近所の公園を散歩した。



小さな子供を遊ばせる若いお母さんたちで

公園は賑わっていた。



そんな中

公園の端の木陰のベンチに

そいつはひっくり返っていた。

猫1.JPG



近づいてもまるで無視。

写真を撮ってもいいかと尋ねると

めんどくさそうに顔を上げて

猫2.JPG



寝ぼけ眼でボクを見つめた。

猫3.JPG






posted by 昨晩 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

翔びたしと願へば空さへ飛べるなり 然れば夢などやすきことなり


YUZU - Niji 投稿者 abricot5725



根拠なく自分を信じよう

できる と信じよう

自分なら大丈夫と信じよう



過去にできたことを思い出そう

小さなことでもかまわない

うまくいったことを思い出そう



うまくいかなかったことは

チャレンジした証拠

うまくいかないやり方をひとつづつ潰していったから

うまくいくやり方にたどり着けた



できると強く信じれば

たいていのことは実現する



不安は紙に書いて頭から追い出そう

不安は紙に書いて「漠然」でないようにしよう

そしてそれぞれに対策を立てよう

そうすることで不安は計画に変わる



自分はできる と信じよう

自分ならできる と声にだして言おう

自分ならできる と言う自分の声を自分の耳で聞こう

自分ならできる と繰り返し言おう



自分ならできると自然に思えればOK

自分ならできると何の疑いも持たなければOK

自分ならできると思うのが当たり前になればOK



人は自分で考えたような自分になる



根拠はいらない

自分ならできると思おう



自分ならできると思おう

なぜなら自分ができると思うから。




posted by 昨晩 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

我が生を人のために尽くさむ 戯言なれど素晴らしきかも





この動画には

病気によりピアノをお休みして何年も経た後にリハビリとして練習用に演奏した作品

とのup主様の解説がありました。



そのせいでしょうか

様々な感情がピアノを通じて伝わってきて

聞く人の感情を揺さぶります。



感情はシンクロします。


人の気持ちを温かくしたり

前向きにすることができたら

素晴らしいでしょうね。





posted by 昨晩 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

ピンチでもチャンスと思えばラッキーに鬼も仏に傷も勲章に





幸せに かつ 健康的に生きてゆくためには

自己効力感と自己肯定感と根拠のない自信が必要であります。



悲観的に考えて元気をなくしてしまうより

ノー天気と言われようと明るくしていた方が

ゼッタイ良いデスッ



ということで

いくつかある根拠のない自信を持てるようになるワザのうちのヒトツ

言い換えの法 を以下に記す。





「八方美人」⇒「フレンドリー」

「悪趣味」⇒「自分の世界を持っている」

「愛想が悪い」⇒「媚(こび)を売らない」

「愛想笑い」⇒「空気を読める」

「飽きっぽい」⇒「気持ちの切り替えが早い」

「きれやすい」⇒「素直」

「オンチ」 ⇒「誰にもマネできないアレンジ」

「孤独」⇒「自立している」

「緊張感がない」⇒「肩の力が抜けている」

「ぐうたら」⇒「自分の気持ちに正直」

「短絡的」⇒「決断が早い」

「泣き虫」⇒「感情を素直に表現できる」

「能天気」⇒「前向き」

「悲観的」⇒「想像力豊か」

「ルーズ」⇒「リラックス」

「わがまま」⇒「自分のことが好き」

「ヲタク」⇒「ある種の知識に精通している」





日常の中で

ついつい自分を責めたり

自己嫌悪しそうになったときは

このような言い換えをして

自分の心を守るとともに

根拠のない自信を少しでももって

明るい気持ちでフトンに入りましょう。

















posted by 昨晩 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

大いなる自然を内に秘めし樹は 我を癒して我を導く





大きな樹には 何かが宿っている



ボクは

良いことがあったとき

辛いことがあったとき

迷っているときに

会いに行く樹がある。



その樹の下に座って

ぼんやりしたり

樹に話しかけたりする。



樹はすべてをお見通しなようでもあり

なんら気にかけないようでもあり

ボクにはさっぱりわからないが

ただ そこにいるだけで

ぼくはなんだか落ち着いた気持ちになる。



こういう存在

こういう場所は

とてもありがたい。









posted by 昨晩 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

友達に戻れない雨傘濡らし あと1cmが永遠の距離





並んで歩いているのに

果てしなく遠いと感じるときがある



目の前にいるのに

声が届かないと感じるときがある



今ならまだ間に合うとわかっていながら

その努力を放棄しようとする自分の心に気がつく



恋人でなくなるということは

友達に戻るということではなく

全くの他人になるということ



このまま傘を寄せず

僕たちは歩きながら互いに遠ざかる距離を感じている。




posted by 昨晩 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一陣の涼風のごと過ぎゆきぬ自転車の少女ハミングせり




たった今 初めて会ったばかりなのに

もうこんなに夢中

あなたは私のことなんて ちっとも気にしていないでしょう

だけど私は違う

もうあなたにこんなに夢中



みんなが知りたがる私の電話番号なのに

あなたは何の興味も示さない

ねえ 私のことが見えないの

こんなに夢中なのに



お願い 約束して

今度電話くれるって



会ったばかりで おかしいかもしれないけれど

もっとあなたのことを知りたいの

あなたに私を見てもらいたいの

だから これ 私の番号



お願い 約束して

今夜電話くれるって



Hey, I just met you

And this is crazy

But here's my number

So call me, maybe?



posted by 昨晩 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

汽笛など聞こえなくてもいいことが何もなくてもこの街が好き





街のせいにしちゃいけない

好きも嫌いも

すべて自分次第



人のせいにしちゃいけない

いいことがあろうとなかろうと

それもすべて自分次第



自分を励まし

自分を慰め

自分を許し

自分を褒めて

自分に喝を入れながら

今日も明日もこの街で生きる






posted by 昨晩 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の富士山A

image-70639.jpg
ヨーカドーじゃなくて

イオンに来た。

富士山がもっとよく見えた。

静岡は本日 晴天。

ボクは好い気分。



posted by 昨晩 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山今季初冠雪


image-65e49.jpg
外出時に見た富士山。

キレイな雪化粧。

山は冬仕度、街はいよいよ秋。

好い天気。

ボクはこれからヨーカドー。




posted by 昨晩 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

3つの分かれ道

人生には大きな3つの岐路がある。



1つ目は

知っているか、知らないか。



2つ目は

やるか、やらないか。



3つ目は

続けるか、続けないか。





どれも自分の意欲と意識と決断と行動によって

前者の道を歩むことができる。



能力やお金や学歴や時間は関係ない。

自分の意欲と意識と決断と行動があれば前者の道を歩くことができる。



日常生活におけるあらゆる場面で

意欲と意識と決断と行動を心がけることで

知ることができ

日常生活におけるあらゆる場面で

意欲と意識と決断と行動を心がけることで

やる ことができ

日常生活におけるあらゆる場面で

意欲と意識と決断と行動を心がけることで

続ける ことができる。



その結果

自分の想像以上の場所に行くことができる。




posted by 昨晩 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

会うことの叶わぬことと知りながら来ずにおれない風の電話に





会いたくて声聞きたくて来たけれど けじめをつけるキモチ決まらず



亡き人に思いよとどけ空高く 風の電話をまた訪れる



風に乗せ思いを遠く放てども 声は聞こえず空広がるばかり







posted by 昨晩 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

いちめんの空より秋の気配かな





秋の空は表情が豊かで

ついつい見入ってしまう。



そうすると そんなつもりはなかったのに

つぎつぎといろんなことが思い出される。



遠い昔の たわいもない会話や

夢みたいな夢の話など



あれからずいぶん経ったけれど

あのときのきみの言葉を胸に

ボクは今日まで歩いてきたよ。



秋空.JPG



ふたりで叶えたい夢があったけれど

あのときの君の言葉だけが

今も残っている。



このままずっと一緒に歩いていけると

当たり前のように考えていた。

若かったね。



あれからずいぶん経ったけれど

あのときのきみの言葉があったから

ボクは今日まで歩いてこれたよ。



あれからずいぶん経ったけれど

あのときのきみの言葉を抱いて

ボクはこれからも歩いていくよ。





◆掲出句 / 磐田市 戸塚光男 静岡新聞「読者文芸」2015.9.29












posted by 昨晩 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする