2014年05月25日

じゃあ、どうする?

世の中

たいていのことは

思う通りにはいかない。



なのに

なぜか

思う通りにいく



思い込んでいるので

思う通りにいかないときに

あわてたり

くさったり

いらついたり

おちこんだり

する。



そうした

マイナスの感情を抱えたまま

何もしないのであれば

百年たっても

事態は好転しない。



そこで停滞するのではなく

うまくいかなかった事実をしっかり確認した次に

じゃあ、どうする?



自分に質問してみよう。



脳は質問されれば

その答えを探すようにできている。



だから

どうしよう?

どんな方法があるだろう?

どんな対応をとるべきか?

など

いままでの知識や経験を総動員して

答えを出そうとする。



最初から

正解と思える答えが出なくても

かまわない。



大事なことは

じゃあ、どうする?



自分に質問することであり

自分で考えることである。



この姿勢が身についてくれば

じゃあ、どうする?

という質問に対して

はやく正解が出てくるようになる。



人生は選択と決断の連続だ。



ひとには毎日いろんなことが起きていて

そのひとつひとつに

意識・無意識に決断をくだしている。



そこを少しだけ意識的に

自分で考え

自分で決断して

自分で実行する。



そうなると

人生が少しずつ

自分の手に戻ってくる。



それもこれも

すべては

じゃあ、どうする?

という

自分への質問から

始まっている。




posted by 昨晩 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

席替え





posted by 昨晩 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

teach me

どんな辛い状況でも

自分にできることを

少しづつでも

確実に続けよう。



いつか

いつか

その継続が

自分に希望を

運んできてくれる。



続けてきてよかった



思える日が

くる。












posted by 昨晩 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | FUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Small Action  Big Difference

いつだって

どこにいたって

だれだって

できることがある。



どんなことでもいい

ささやかなことでいい



それが

やがて

せかいをかえるかもしれない。








posted by 昨晩 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | FUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

こんな音源あったんだッ

豪華というか

異色というか

なぜこの組み合わせ?



! や ? がつくけど

素晴らしく

かつ

貴重な映像(だと思う)



ピアノのイメージしかなかったけど

ギターもやるのね。



やっぱり

天才と言われただけのことはあるなぁ。









posted by 昨晩 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | FUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

自分には価値があると思えるために

いちばん大切なのは、

他者を「評価」しない、

ということです。

評価の言葉とは

縦の関係から出てくる言葉です。

もしも横の関係を築けているのなら

もっと率直な感謝や尊敬

喜びの言葉が出てくるでしょう。





ううむ

評価が縦の関係によるものだ

というご指摘は

事実そのとおりでしょう。

しかし、しかしですよ?

はたして「ありがとう」の言葉が

勇気を取り戻すほどに大きな力を

持ちえるものでしょうか?

たとえ縦の関係からの言葉であったとしても

やはりほめられることのほうが

うれしいと思いますが。





ほめられるということは

他者から「よい」と

評価を受けているわけです。

そして、その行為が「よい」のか「悪い」のかを決めるのは

他者の物差しです。

もしもほめてもらうことを望むのなら

他者の物差しに合わせ

自らの自由にブレーキをかけるしかありません。

一方「ありがとう」は評価ではなく

もっと純粋な感謝の言葉です。

人は感謝の言葉を聞いたとき

自らが他者に貢献できたことを知ります。




                               ◆嫌われる勇気 / 岸見一郎、古賀史健




posted by 昨晩 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

今夜 降りてきた 歌

なんの脈絡もなく

突然

降りてきた。



みどりのそうげんに

あしたこそ

でかけましょう



この歌詞が

すーっ

と 

降りてきた



同時に

メロディが甦った



何十年ぶりの邂逅だろう。

理由はさがさない。

黙って歌を聴けばいい。








posted by 昨晩 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

願い事

神さまに

お祈りするのは

願いを叶えて

ほしいから



大きな願い事を

しないのは

ほんとうに叶ってしまうと

怖いから



願い事は

ささやかでいい

叶っても叶わなくても

気づかないくらいに










posted by 昨晩 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は大きな木の下に 集まる

大きな木



生き方が

わからなくなると

ぼくは一人で

木に会いにゆく



ぼくの何倍も

何十倍も

生きてきた

大きな木



大きな木の周りには

静けさがあり

とてもゆるやかな

時間が流れている



木はどこへも

行かないけれど

大きな命の旅を

続けている



ぼくの願いは

木のように生きること

喜びや悲しみを

自らの養分にして



                                        ◆谷 郁雄





週末の散歩でよく行く木がある

昨日も

そろそろ暮れてきたかな

という頃合に

出かけた。



この時間は

いつも

誰もいない。



ひとりで

ぼうっと

空を眺めたり

木を触ったり

遠くを見たり

少し眠ったり

していた。



自転車の止まる音がして

目を開けると

初老の男性が立っていた。



その老人は

ひとりごとなのか

ぼくにはなしかけたのか

どちらかわからないかんじで

やっぱり ここは いいなあ



言った。



つられて

ぼくは

よくここにくるんですか



はなしかけてしまった。



ぼくが

しらないだれかに

はなしかけるなんて!



おだやかで

ひょうひょうとしたそのろうじんは

やっぱり

ぼくにはなしているのか

ひとりごとなのか

わからないかんじで

ここには みんな くるからね



言った。



そして

はじめて

ぼくをみて

わたしは あさとばんのにかい

ここにくるんだよ

まいにち ね



言った。



その老人は

ひとに警戒心を起こさせない

ふしぎなかんじがした。







posted by 昨晩 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

いつもの自分がベストな自分

少し前に

うまくいかないことを前提として、組み立てている。

という記事を書いたが

田中将大投手が

あらかじめ想定の範囲を広くとらえて準備をしている

ということに関して

どのくらいまでを想定しているのだろう



興味があった。



同時に

確かにスゴイ投手だけれど

そんなにびっくりするほど広い範囲の想定を

ホントにしているのだろうか

そんなことができるのだろうか

との疑問もあった。





今夜風呂に入りながら

つらつら考えてみるに

人間 体はひとつだし 心もひとつ

そして技術も急に高くなるわけではないから

マウンドの上で

しかも緊迫した場面で

ホントに瞬時に想定内の対応ができるとしたら

それは

状況に合わせた様々な対応ではなく

どんなときでもベストの自分の対応をすることではないか

と考えた。



つまり

想定外の状況になって

あわてていつもの自分やベストの自分ならしないような

つまらない対応をしないこと

つまり

何十通りもの準備をしているのではなくて

どんなときでもベストの自分を出せるようにしている

ということではないだろうか。



そして

いつもの自分のレベルを引き上げることに

日ごろから時間をかけてトレーニングしているのではないか。



そう考えると

なんとなく納得するような気がしたわけなんだけどね、ええ。









posted by 昨晩 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

プレゼント

やさしいまなざし
やさしい声がけは

誰もが誰かにできる

プレゼント





posted by 昨晩 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつも此処に還ってくる

身体がいつも此処に還って来るように

image-43cfa.jpg  



心はいつもこの言葉に還って来る。




好きなように生きなさい。










posted by 昨晩 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩まない、不安にならないことが強い人じゃない。

悩んだとき

不安になったとき

しっかりと悩みや不安と向き合って

どう対処するかを考え

自分なりの方法を見つけた人が

強く見えるんだ。







posted by 昨晩 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたつの道が交わるとき

君の人生がふたつに分れてる

そのひとつがまっすぐにぼくの方へ



なんの迷いもなく

あなたを選んで

振り返らずこの道を

果てるまで歩いていくよ







元歌









posted by 昨晩 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生の前半はリハーサル、後半が本番だ。

森村誠一の新刊「健康に生きる覚悟」の帯に

こんな様なことが書いてあった。



なるほど。

森村氏はホテルマンとして働いていた若い頃から

作家としてデビューしてそれなりに飯が食えるようになるまでの期間を

リハーサルと表現し

60歳以降の人生が本番である

と書いている。



そして

60代を年少

70代を年中

80代を年長

と名づけ

この時期を充実させるポイントとして

リハーサル時代の頑張りの成果と

健康

を挙げている。



80代の現在も現役作家として活動している彼が

今までの生活を過ごす中で

独自に実践していた様々な健康法やこだわりが

たくさん紹介されている。



買うところまではいかなかったが

それなりに楽しめるし

有用性も高いと思う。









posted by 昨晩 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

3月の風と4月の雨が5月の花を咲かせる

March winds and April showers bring forth May flowers.

これはイギリスの諺だが

No rain, No rainbow

と同様の意味で

辛いことやいやなことがあるからこそ

楽しいこと、うれしいことが感じられる

ということだ。



我慢することや耐えることは

それだけでは

ただの辛いことだが

そこから何を学ぶかという姿勢を持っていれば

必ずやそれは後に自分に有益な経験となって

プラスをもたらすものになる。



ようは

辛いときをどう過ごすか

ということだな。









posted by 昨晩 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

恩送り

誰かに親切にされたら

ほかの誰かに親切にしてあげるといい。



小さな親切は

やがて大きく広がり

それはまた

めぐりめぐって

自分のところに帰ってくるかもしれない。













posted by 昨晩 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

幸せになるためにあきらめない25のこと。

ときどきのぞくカラパイア

タイトルの記事が出ていたので

リンクしておく。





自分的には

人は他者からの評価(承認欲求)より

何かの役に立てたという実感(貢献感)のほうが

自分の価値に気づく

という考えに

なるほどと思った。







posted by 昨晩 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高いセルフイメージと物事の良い受け止め方、そして適度な運動

つまるところ

世に言うところの成功は

高いセルフイメージと物事の良い受け止め方、

そして適度な運動

この三つがそろえば

可能だ。



セルフイメージは少し自信過剰なくらいが

ちょうどいい。

もちろん

自信の根拠はなくてもいい。



物事の受け止め方は

自分にとって気分の良い捉え方をするということ。

不安になるような解釈じゃダメだ。

お気軽くらいでいい。



たとえ失敗したってかまわない。

サッと反省したら

原因と対策をノートに書いて

それでお終い。


忘れることが肝要。



一番いいのは

体を動かすこと。



そして

気持ちのいい汗をかいたら

次の仕事と遊びにとりかかろう。













posted by 昨晩 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うまくいかないことを前提として、組み立てている。

見積もりに15分

企画書作成に1時間

会議資料作りに30分

売り上げ見通しに30分

などなど

毎日の仕事の予定を立てるときに

個々の案件のおおよその所要時間の見立てをするが

これがまあ この通りにいったためしがない。



もともとの想定時間もアバウトなんで

取り掛かってみたら

思った以上に時間がかかることも間々あるし

それ以外にも

やれ急な用件が入っただの

アポナシの訪問者が来るだの

電話が立て続けに入るだの

上司から用事を頼まれるだの

様々な阻害要因が発生する。





結局

バタバタしながら

なんでいつもうまくいかないんだろう



ぼやきながら

残業したり休日出勤したりする羽目になる。





冒頭の言葉は

イチローの田中マー君へのコメントだけれど

5月3日のレイズ戦で

田中投手は

4回までにソロ2発を浴びるなど3点を失いながらも

打線の援護もあり

今シーズン4勝目をあげ

レギュラーシーズンの連勝記録を32に伸ばした。



イチローは試合後に

田中投手についてこんなことを言っている。



(田中将は)ゲームをつくってくれる。

何かうまくいかないことを前提として、

いろんなことを組み立てているという感じが見える。

しんどそうだな、と見えていても

(結果的には)形にする。





傍目には

ホームラン2発を浴びて

苦しそうにに見えたが

本人的には

それも想定内

と感じていたのかもしれない。



物事を進めるにあたり

いろんなケースをあらかじめ考えておくことは

実際にそうした状況になったときに

うまく対処できるかどうかに差が出るため

とても重要だ。





どこまで考えておくかという

想定の範囲がポイントで

オレなんかがうまくいったためしがない

というのは

想定の範囲が狭いからなんだろうね。



だから

頻繁に想定外のことが起こり

そのつどあたふたする羽目になるというわけだ。



だけど

田中マー君の場合は

想定の範囲が広いから

たいていのことは想定内として

あらかじめ考えていた対処を的確にこなして

乗り越えていけるんだろうね。



連休明けからは

少し想定範囲を広げて仕事に臨んでみよう。





posted by 昨晩 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする