2013年08月29日

影ひとりつれてひとりの秋遍路

またぞろ旅心が騒いできた。

何処へとの場所も決まっていないのに

此処ではない場所に行きたがっている。



毎年夏の終わり 恒例の心模様。







◆掲出歌 / 藤枝市 石神 きみ






posted by 昨晩 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事7割

いいかい

ざっくりとした言い方だけど

大切なことだから覚えておいて。



仕事7割 

だ。



仕事はもちろん大事だけれど

人生は仕事だけじゃない。

ほかのことにも時間やエネルギーを割かなきゃいけない。

そのときの目安が

仕事7割なんだよ。



個人差はもちろんあるけれど

自覚しているバランスがないのなら

仕事7割と覚えておくといい。


posted by 昨晩 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

まじまじと蝉の脱け殻見つめたり 充分に生き死ぬといふこと

今日も相変わらず暑い一日だったが

昨日までの暑さとはハッキリと違う暑さだった。



それは身にまとわりつくようなじっとりとした暑さではなく

クールであっさりした乾いた暑さだ。



日の光にもその違いは見て取れる。



昨日までの日差しが

陽炎で遠くが揺れて霞むものだったのに対して

今日の日差しは

透明感があふれ

遠くまで良く見通すことができた。



こんな日にはなぜだかこの曲を思い出す。



木陰で風に吹かれながら

静かこの曲を聴いていたい







「Tears In Heaven」by Eric Clapton

 不慮の事故でわずか4才半で亡くなった彼の長男を悼んだ歌



◆掲出歌 / 浜松市 佐野久子








posted by 昨晩 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3つの出会い

人の人生に大きな影響を与えるものが3つあるという。



ひとつは人。

人との出会いはその人の人生の可能性を

飛躍的に広げ高めてくれる。



チャンスも幸運も気づきも

みな人が運んできてくれる。



ふたつめは本。

良い本との出会いは

良い人との出会いに匹敵するほどのチカラを持っている。



成功した人、良く生きた人の本を読むことは

その人とあたかも交流があったかのような影響をもたらす。



みっつめは旅。

旅に出て色々なものを見て、感じて

様々な人とふれあい、気づく。



そのどれもが自分を深め改めより高みへと

導いてくれる。





人、本、旅

自分を豊かにしてくれる富の源に

終わりはない。




posted by 昨晩 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

怪談ナイト

稲川淳二のミステリー・ナイト・ツアー2013に行ってきた。



稲川さんは怪異を語ることが自分の使命と考え

年をとってから語りに時間をかけるのでは

聞き手に失礼と考え

元気でバリバリ語れるうちに専念しようと

数年前にテレビの仕事は基本断り

怪談の語り部としての活動一本にしているとのこと、

その心意気やよしと感心した。


それでも冬場も含め通年通じて忙しい毎日だという。

たいしたものである。



この、夏恒例の稲川淳二の怪談イベントは

もう何度か見ているが

今日の会場が今まででは一番小さかった。



しかし

イベントの性質上

小ぶりの会場のほうが臨場感というか

話者との距離が近くて

楽しめる。



今夜の話は全て初めて聞く話ばかりで

ご当地静岡の話もわざわざ入れてくれていた。



稲川さんは

もうかなりの年月語りをしているので

語り口は洗練され磨かれ

ある種の熟練の話芸の域に達していて

怖さというよりは

巧さに感心してしまう方が強かった。



とはいえ

シンプルだけれど適度に演出された舞台は

エンターテイメントと呼ぶにふさわしいレベルであり

2時間ほどとても楽しく過ごすことができた。



posted by 昨晩 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ちょっとだけ・・・

物事において

ある程度のレベル域になるための方法があるとすれば

それは

まずは対象の物事に対して

「ちょっとだけ」取り組むことである。



ポイントは「ちょっとだけ」。

あまり生真面目に取り組むと

知らないうちに長時間になってしまうことがある。

それはよくない。

あくまでも短時間にこだわること。





「ちょっとだけ」が身についてきたら

今度は

「ちょっとだけ」を「丁寧に確実に」やることに意識を向ける。



「ちょっとだけ」とはいえ

「丁寧に確実に」やったものは

必ず注目されそこからあらたな展開につながる。

(逆も同じ。杜撰にやったものにもあらたな展開がある。)



そして

「ちょっとだけ」を「丁寧に確実に」やれるようになったら

次は

「ちょっとだけ」を「すぐに」やるようにしよう。

これが将来大きく飛躍することにつながっていく。



いつの世も早さはそれだけで価値がある。

競争力がある。



自分には知識や経験が無いからと自信が持てない人は

早さを意識して物事に取り組むと良い。



「ちょっとだけ」を「丁寧に確実に」「すぐに」やれるようになったら

これは相当凄い。

自分で考えている以上に

周りからの評価が高くなる。



最後に

これが一番重要なことだけれど

その「ちょっとだけ」を続けること。



千人の考える人よりも

百人の実行する人よりも

一人だけの続ける人が成功する

という言葉があるように

続ける事は値千金である。



だから

続けるために

「ちょっとだけ」を意識しよう。



「ちょっとだけ」を「丁寧に確実に」「すぐに」実行して

それを続けていこう。






posted by 昨晩 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

ひこうき雲








posted by 昨晩 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取り戻せ、自分








posted by 昨晩 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

ALL TOGETHER NOW 2013

以前書いたことがあったけど

やっぱりあったんだね、映像が。

懐かしい。



タクローの「泣いて喜べよ」は3分56秒位から。







posted by 昨晩 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花に嵐のたとえの如く





あったんですね、このときの映像。

All together now by LION







posted by 昨晩 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

向日葵の今も昔も同じ空

鬼灯市夕風のたつところかな


空蝉の軽さとなりし骸かな


直立の八月またも来りけり


母を待つ午前や遠き捕虫網


背泳ぎの空のだんだんおそろしく


夕刊は暑さ極まるころに来る


夕立の庭しんしんと鳴つてゐし


噴水にもたるるところなかりけり


蝉涼し足らぬねむりをねむりつぐ


おそるべき君等の乳房夏来る


これよりは旅多き日々夏に入る


街路樹の影日々に濃し夏に入る


風となる少女の髪や夏来る


ひつそりと水に流れる夏の虫


夕立ちや竿につらなる水の玉


風消えてあやめに残る風のあり


水痩せて岩陰の鮎まどひけり


雲厚き空に向きたる水葵


葉の裏に螢火うすく息づきて


花火果て水にうつろな街灯り


淋しさは船一つ居る土用波


動く葉もなくておそろし夏木立


ゆっくりと逃れてみせる金魚かな


朝の間のあづかりものや夏の露


暑き日を海に入れたり最上川


頬に触れ風のここちや夏暖簾


鳴神の疾風怒濤を呼び寄せる


夕焼は膳のものをも染めにけり


朝顔に口笛ひようと夏休







posted by 昨晩 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニッポンの夏

今日も暑い一日だった。

世間的にはお盆休みの最終日ということもあり

街は人出は多いものの

みんなどことなく疲れているように見えた。



強い日差し

やかましいくらいのセミの鳴き声

ひっそりとした路地裏

数十年前の夏と変わらない夏がいまここにある。









posted by 昨晩 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

終戦記念日の朝

今日は終戦記念日。



朝、家を出たら

どこからか大きな黒いアゲハ蝶が

舞ってきた。



そのアゲハ蝶は

ボクの気を引くように

膝の辺りを2周ほど回って

どこかに飛んでいった。



この蝶は誰の魂を乗せているのだろうか



ボクは何人かの顔を

心に浮かべてみた。



posted by 昨晩 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

きのうのミス、明日のドジ、あさって悩め!

我ながらよく働くと思う。

労働の質が低いのかもしれないけれど

それでもそれを補うくらいの時間数を働いている。



うちの会社はお盆休みとかは特にないけれど

それでも有給休暇の促進をこの時期進めてくる。



確かに

客も業者も休むところが多いから

こちらも休みやすい時期ではある。



しかし

巡り会わせというかなんというか

突発的な仕事が発生したり

急なトラブル発生でリカバリーを余儀なくされたりと

結局は休めないようにできている。



それはそれで大して気にしていないからいいんだけれど

それにしても

今年のこの時期は仕事に追われている。



例年だと

そうはいっても少しは普段と比べると落ち着いて仕事ができるのだが

今年はそんな様子は微塵もない。

相変わらずの忙しさで追い立てられている。

なんだろうね、この状態は。



世間では

ゲリラ豪雨や四万十での4日連続40度越えなどと

異常気象が続いている。



自分のこの仕事の状態も

スケールの小さい異常事態なのかもしれない。



スケールの大小の違いはあっても

そこで起きることは相似性があるのだろうな。



こんなときは弾けるに限る。








posted by 昨晩 at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功する人は決断して行動する

うまくいかない人は判断してそれで終わる。





これはやったほうがいいからやろう。そして、やる。

これはやったほうがいいな。そして、そのままなにもしない。





知っている ことと やっている ことの違いは大きい。



posted by 昨晩 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

努力は先のどこかとつながっている

自分なりに頑張っていれば

なにかしら報われるはずだ

報われたい

と思う。



だけど

現実は

自分の願いとはウラハラに

報われないことも多々ある。



だけど

目先で望む結果が出なくても

やけになることもないし

がっかりする必要もない。



自分が頑張った結果は

すぐには出なくても

必ず将来のどこかで実を結ぶからだ。



覚えておくといい。



努力には

すぐに結果が出る努力と

将来に結果が出る努力の2種類ある。



遅かれ早かれ

いずれにしても結果は出る。



結果の出ない努力はない。

だから

その日を楽しみに

努力を続けよう。











posted by 昨晩 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いわし雲やさしいことは取り柄じゃない

マジメはいいことだと思っていた。



だから

マジメであるべきと

いつも自身に課していた。



それが当たり前だと思っていた。



ひそかにマジメであることに

優越感を感じ

自画自賛していた。



だけど

どうやら

マジメはいいことではないらしい。



いや

正確には

マジメは必ずしもいいこととばかりは言えないようだ。



マジメは

時として命にかかわることもある。



武士は食わねど高楊枝

渇しても盗泉の水は飲まず



窮しても道に外れたことはしないとのプライドが

結果的に危機的状況を招いてしまうこともある。



マジメは

融通がきかず

頑固で

一方的で

偏っている。



軌道修正する柔軟性を持たず

人の話を聞かない。



臨機応変にできないから

変化についてゆけず

結果 残れない。





マジメは決して美徳ではない。



第一

それでは人生を楽しめない。





朝日彩湖の



いわし雲やさしいことは取り柄じゃない



この俳句を見てすぐ思ったのが

このことだった。



取り返しのつかない時間を過ごしてしまった

残酷で残念な気づきをしてしまった

のかもしれない。









posted by 昨晩 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

あとは楽しもう

ほおづき.JPG



自分で考えて

自分で決めて

自分で実行する。



時にうまくいかないこともあるけれど

それも人生の彩と考えよう。



我慢する

辛抱する

耐える

こらえる



そういうときも あるさ。



そうして

そのあとは

次にはそうならないように

考えて 覚えよう。

工夫しよう。



そうしたら

あとは

楽しもう。









posted by 昨晩 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする