2013年04月23日

don't mind,no problem,ok,well,good・・・never say "no good"

ずっと以前に書いた記事を見たくて探してた。

これ。



できたところを見る。

良いところを見る。

こういう姿勢が人を救い、活かす。



don't mind

いい言葉だ。





posted by 昨晩 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

動く

なんかここのところノリが悪いというか

スッキリしない。

モヤモヤしてるのもくすぶってるのも飽きたんで

そろそろ動く。



とりあえずどこかに居場所を見つける。

新しい場所、新しい人たちの中に身を置くことで

気分転換が図れる。



何をしようか。

楽器を習うのもいいし

外国語を習うのも面白そう。

ちょっといろいろ当たってみよう。



それから

通勤を歩きに変える。

やっぱり朝歩くことで気持ちも体もシャキっとするし

足腰も多少は鍛えられるだろう。



とはいえ漠然と取り組もうとしても続きそうもないので

何かしらの目的を持たないと。

ということで

あと一月もすればクワガタシーズンに入るので

日中足元の悪い場所をそこそこの時間歩いても平気なくらいには

体力をつけることを目的としよう。

ついでに握力と腕力もつけるようにしよう。

結果としてTシャツを着ても恥ずかしくないような上半身になってたらいいな。



目的を持って

計画を立てて

実行する



続けるためのテクニックとして

最初のハードルはできるだけ低く設定して

とにかく「やってる感」「やれてるじゃん」の自信を自分につける。



それと

なにかしらのご褒美を用意しないと。

アメは大きく ムチは小さく がポイント。



んでもって

常に目的を達成したところをイメージしよう。



新しく知り合った人たちと一緒に楽器を演奏しているところとか

外国語の文章を読んだり会話をしているところ

今期初ヒラタをゲットしているところ

などなど

どれも笑顔でいっぱいの自分をリアルにイメージしよう。



というところで

妄想の続きはフトンのなかですることにしよう。




posted by 昨晩 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

何のために働くのか

仕事で壁に当たったとき

会社や仕事の人間関係に悩むとき

仕事が量的質的にハード過ぎて心も体もしんどいとき

仕事のハードルが高くてプレッシャーに負けそうなとき

仕事なんか放り出して

仕事のない国に行きたいと思ったことのある人は多いだろう。



そんなときに

何とか踏みとどまる方法のひとつとして

何のためにこの仕事をしているのかを

今一度考える(あるいは思い出す)ことは有効である。



初心といってもいい。

今の仕事に就くときに

自分に対して何を誓ったのか。

それを思い出せば

今自分が直面しているキツイ状況に対しても

もう一度頑張ってみようという気に

なるかもしれない。



自分の夢の実現のためなのか

家族や生活のためなのか

スキルアップのためなのか

何かしらこの仕事を通じて得ようとしたものが

あったはずで

それをあきらめていいのか

という自問自答が必ずあると思う。



そうやってちょっと立ち止まることが

辛いがゆえに狭くなった視野を広げる効果があるのだと思う。

原点に立ち返るきっかけにもなる。



順風満帆に物事が進むなんていうことは

実際にはほとんどない。

現実はもっとずっと波乱に富んで

つっかかりひっかかり

一歩進んで二歩下がり

頭に血が上るかと思えば

奈落の底に突き落とされたりと

アップダウンの激しいジェットコースターのようなものだ。



だからこそ

半ば強制的であるにせよ

頭を冷やしたり

反省したりという

自分を見つめなおすときが必要なのだ。



そして

そのときに思い出すといいのが

自分は何のために働くのか

という自分への問いかけなのだ。






posted by 昨晩 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

涙はいらない

そのハーモニー、メロディライン、ギターテクニック

髪型や服装のファッションセンスとルックス

そして当時の日本の音楽シーンでの特異な立ち位置



高校のとき一番影響を受けたといっても

過言ではない。







posted by 昨晩 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

切り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ 踏み込み見ればあとは極楽

悩んでいるときとか嫌な事を目の前にしているときって

躊躇して逡巡して立ち尽くしているときが多い。



頭では

当たって砕けろとか

やってみなければわからない

とか

自分を励ましているんだけれど

実際にはなかなか踏み出す一歩が出ないでいる。



実はそうしたときが一番心が苦しいときでもある。

実際の怖さより怖さの妄想ばかりが膨らんで

その膨らんだ怖さの妄想に押しつぶされそうになったり

心が折れそうになったりしているから。



腹をくくって飛び込んでしまえば

案外と怖さが少なかったりして

なんだと拍子抜けしたりする。

まあ 大概のことはそんなものだ。







posted by 昨晩 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利他のこころで

自分に自信がなくなったときに

人の役に立ちたいと思うのはなぜだろう。



純粋に

人が喜ぶのを見たいと思うのはなぜだろう



お金は

どれだけ人を喜ばせたかを量るものさしだという。



情けは人のためならずの本当の意味は。



人は社会的な生き物



人はひとりでは生きられない



返報性の法則とは。



人が喜ぶことが自分の喜び








posted by 昨晩 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

水玉!

昨日

内覧会だからいらっしゃい



上品な知人からのお誘いを受けて行って来た。



kusama obje.JPG



以前テレビのドキュメンタリーで見たことがあったが

強烈な人だなぁとの印象を受けた記憶がある。

そのときの記憶が会場前のオブジェを見たとたん

甦ってきた。

強烈さは健在のようだ。



kusama doll.JPG



中に入ると

エントランスにいきなり巨大ドールが。

・・・・・

迫力に圧倒されて声が出ない。






会場を出て階段上からエントランスを見下ろした。

kusama hall.JPG



デカイなぁ。




なんだかわからないけど

情念とパワーを感じた。



こんなものも。

kusama bus.JPG










posted by 昨晩 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

ただ 信じる 

久しぶりに夜車に乗ったら

この曲が流れてきた。





あのときもちょうど今くらいの

桜の季節だった。



公園のライトアップされた夜桜を見た帰り

ぼくらは内堀沿いに歩いていた。



当時ひとつのイヤホンを

ふたりで片耳づつつけてよく聴いていたのが

ひと恋めぐりだった。



「ずっと隣にいるから」



それは二人にとっては

変わらずに続いていく当たり前の真実だった。

疑いもしなかった。



それにしても

どうしてあんなにも信じることができたんだろう。



易々と盲目的に根拠も考えず

ただ信じた。



疑わずただ信じる



これができるのは

人生のある一時期だけに許された

幸せな未成熟なのかもしれない。











posted by 昨晩 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

すべて忘れよう

夜になったら忘れよう

その日一日であった楽しいことやうれしいこと

いやなことやつらいこと

すべて忘れてリセットしよう



楽しいことだけは覚えていようなんて考えずに

全部を忘れよう

手放そう



この手にはなにも残さず

明日を迎えよう





眠るときに思い出そう

その日一日であったいやなことやつらいこと

うれしいことや楽しいこと

全部全部思い出そう



ひとつづつをかみしめて

もう一度あじわってから

忘れよう

サヨナラしよう



新しい明日を迎えるのに

今日の感情はいらない

まっさらな気持ちで

明日を迎えよう



posted by 昨晩 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全部自分しだい

今はどうあれ

これからを

宝みたいな時間にするか

クソみたいな時間にするかは

お前しだいだぞ。



お前はその手に

どっちの時間にするかの決定権を

持っているんだから。

全部自分で決められるんだからな。

忘れるなよ。



たとえクソみたいな時間になったとしても

誰のせいにもするなよ。

すべて選んできたのはおまえ自身だからな。

どうにでもできた中から

クソみたいな時間を選んだのは

おまえ自身だからな。




歌うたいのバラッド/斉藤和義 投稿者 sean2001jp




posted by 昨晩 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

春の歌

春だし

何か明るい曲

季節にふさわしい曲

前向きな気持ちになれる曲

そんな歌をアップしたかった。










posted by 昨晩 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする