2012年08月31日

風が吹いている





時代はいま 変わっていく  僕たちには願いがある

この涙も その笑顔も  すべてをつないでいく



Image285.jpg



風が吹いている  僕はここで生きていく

晴れわたる空に  誰かが叫んだ

ここに明日はある  ここに希望はある

君と笑えたら  夢をつなぎあえたなら

信じあえるだろう  想いあえるだろう

この時代を 僕らを  この瞬間(とき)を



画像-0007.jpg



言葉にできないこと  涙が溢れること

ふるえる心で感じたすべてが

僕のいままでをつくってきたんだ

出会いと さよならとが  決意(おもい)を強くさせた

手を振り誓った  あの日があるから

僕らはここにいるんだ



画像-0010.jpg



優しい歌 聴こえている  背中を押す言葉がある

このいのちよ この一瞬よ  誰かの光になれ



Image298.jpg



風よ吹いていけ  君とともに生きていけ

晴れわたる空が  悲しくなる日も

ひとりじゃないんだ  声はそばにある

君と笑いたい  夢を分かちあいたくて

歌いあえるように  奏であえるように

この時代を 僕らを  この瞬間(とき)を






posted by 昨晩 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

わかったこと

わかったことがある。



それは

僕にとっては

インターネットはかなり強い習慣性を持っているということと

人生においては

瞬発力2に対して 持続力8 というバランスが

一番いいということ。



そしてもうひとつ

何事かを習得するまたは成功するには

一定期間

相当じっくりとそのことを考え続ける必要があるということ。



当たり前といえば当たり前のことかもしれないが

改めてそう思った次第。






posted by 昨晩 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涼しさは淋しさに似て昼寝覚

最近は朝晩は過ごしやすくなり

明け方などは

ともすれば体が冷えてしまうこともある。



あとひと月もすれば

日中も時にひんやりとした日が

珍しくなくなるだろう。



そんな時期に

ついうとうとしてしまった昼寝から目覚めた時のカラダの肌寒さが

なんだか

無性に人恋しく感じるココロの寂しさに似ていることに気づいて

なんだかハッとしてしまった。





posted by 昨晩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

星のかけらを探しに行こう Again

ずっと昔から耳に馴染んだ曲だったが

タイトルと歌っている人のことは

全く知らなかった。



福耳・・・です か・・・



スガシカオ

やまざきまさよし

ですか・・・








posted by 昨晩 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まあるいいのち

ぼくからみれば小さなカメも

アリからみればきっと

大きなカメかな?



みんな同じ生きているから

一人にひとつづつ大切ないのち



ぼくからみればおきな家も

山の上からみれば

こびとの家みたい



みんな同じ地球の家族

ひとりにひとつづつ大切ないのち



ぼくからみれば東と西も

よその星からみれば

丸くてわかんない



みんな同じ宇宙の仲間

ひとりにひとつづつ 大切な命



二つの手のひら ほほにあてれば

伝わるぬくもり まあるいいのち



二つの手のひら ほほにあてれば

伝わるぬくもり まあるいいのち











posted by 昨晩 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

今の自分より、少し前へ。

今朝の静岡新聞に

AC JAPAN の広告が載っていた。







今の自分より、少し前へ。

それだけで、きっと明るくなると思う。

私も、未来も、これからだから。




バレエのコンクールで優勝したいです。 女性 12歳

人の悪口を言わない。みんなも言っちゃダメだよ。 (ハイ)  女性 26歳

宇宙旅行に行けるまで働く。 女性 37歳

トライアスロンで是非優勝したいと思っております。 男性 75歳

妻にありがとうと言うのを忘れない。 (本当?) 男性 61歳

仕事が忙しいのを言い訳にしない。 男性 32歳

飛行機を操縦してみたい。 女性 32歳

畑を借りて、家庭菜園! 男性 52歳

食べた食器を、台所まで持って行く。 男性 10歳

親や兄弟と温泉旅行に行きたい。 男性 22歳

ボランティア部をつくる。まずは学校のゴミ拾いから始めます。 女性 15歳

絶滅しそうなオランウータンの保護を手伝いたい。 男性 33歳

朗読を習いたい。お友達の前で、披露したい。 女性 79歳

久しぶりに小学校の同窓会をしてみたい。初恋の人に会いたい。 男性 58歳







posted by 昨晩 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金では買えないもの

今朝の静岡新聞に

原発事故で村全体が被災した福島県の飯舘村への

訪問(8月中旬)レポートが載っていた。







ウグイスやオオルリのさえずり

降り注ぐセミの声

電線に止まった多数のツバメ

目の前をかすめ飛ぶ大きなオニヤンマ

懐かしい日本の夏の光景がそこにはあった。



だが一方で

見ることができなかったものもある。

田畑で汗を流し

街角で語り合い

夜ともなれば酒を酌み交わす

人々の姿だ。



牛舎の内部はクモの巣に覆われ

商店や美容院の「臨時休業」の張り紙が

黄ばんで風に揺れる。



それでも

村には

避難先から先祖の墓参りに訪れる人の姿があった。



山に入って釣ったヤマメ

集めた多数のキノコや果実

庭先に巣箱を置いて作ったハチミツ。



彼らがここで最も大切にしていたものは

お金では買えない

貨幣に換算できない

自然の恵みっだったのではないだろうか。



「山でキノコを集めることが

 おばあちゃんの生きがいでした。

 それを賠償してください」

と東京電力に請求した人がいる。

返ってきたのは

「賠償の対象外です」

という一通の手紙だけだった。



便利な暮らしの中で

多くの日本人が忘れていたもの。

これらのお金では買えないものの価値を見直すことから

真の賠償や復興は始まるはずだ。







このレポートの隣には



「心の豊かさ」重視64%

過去最高「物」の倍

国民生活内閣府調査



という見出しの記事が載っていた。



この記事によれば

「心の豊かさ」を重んじる人の割合は

79年の調査以降

「物の豊かさ」重視を上回り

今回その差が2倍以上に広がった

とある。



物の豊かさより心の豊かさを重視する人が多くなって

早や30年

30年経っても現状が実態だとすれば

それは

いかに物の豊かさを重視したことが強烈だったか

ということでもある。



それだけ物の豊かさは魅力的だったのだろうし

我々がそれにどっぷりとつかってしまっていた

ということにほかならない。



心の豊かさを何によって表現し実現するのか

それを一人ひとりが考え実行していくことが

今求められていることであり

それが

日本の復興・再生につながっていくと思う。




posted by 昨晩 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は味方

高田郁さんが2007年に「出世花」で

第2回小説NON短編時代小説賞奨励賞を

受賞したときの話。





授賞式・ホテルでの会食が終わり

解散間際に

彼女は尊敬する選考委員の山本一力氏に

勇気を振り絞って本を差し出し

サインをお願いした。





「ああ、いいよ」

一力氏はそう言って

表紙をめくったところにペンを走らせる。

署名だけではなかった。

「俺が一番好きな言葉なんだ」

返された本を見ると

大きな文字でこう記されていた。



【 明日は味方 】



これほど端的に

勇気を与えてくれる言葉を

私は知らない。



皆の衆

今日は試練の一日だったとしても

「明日は味方」だ。



■集英社「晴れときどき涙雨〜高田郁のできるまで」より





「明日は味方」

いい言葉だ。



実際には

日曜日の夜など

明日は憂鬱

明日なんて来ない方がいい

って思う事の方が

多いのかもしれないけれど

本当は

明日が楽しみ

早く明日にならないかな

って思える方がいいに決まっている。



「明日は味方」って言葉は

たとえ明日が憂鬱な日と思えるような日であっても

ひょっとしたら うまくいくかもしれない

心配することは起きないかもしれないって

希望が湧いてくる魔法の言葉だ。









posted by 昨晩 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

おらほのラジオ体操

考えてみればこのラジオ体操

日本人なら大人も子供も

ほぼ全員知っていると思う。



これってスゴイことだ。



そのラジオ体操だが

誰でも出来て

手軽にできて

どこでもできる

効果バツグンの

完璧なエクササイズなのだ。



調査によれば

ラジオ体操は



十三種類の運動によって全身を動かし

ふだんの生活では使用しない筋肉や関節、骨に影響を与える。

特に筋肉や関節を十分動かすことによって

柔軟性の向上、血行増進からの肩こり

腰痛の予防・回復を期待することができる。

また、骨に刺激を与えることによって

骨の成長・活性化を促し

骨密度低下の予防・回復も期待することができる




もので

続けることで



加齢や生活の偏りなどが主な原因となる体のきしみを取り除き

人間本来がもっている機能をもとの状態に戻し

維持する効果




があるという。



こんなすごい体操

やらない手はないよね。



そのうえ

このラジオ体操は

体だけではなく

心も元気にする効果もある。







この動画には下記のコメントがついています。



震災半年後の2011年9月10日、11日に

石巻市内で撮影させていただきました。

「おらほのラジオ体操」は

石巻発の地域コミュニティ再生プロジェクトです。

誰もが慣れ親しみ、

気軽に参加できる日本独自の習慣であるラジオ体操を

「お国言葉」でおこなうこ-とで、

地域住民の連帯感を高め、

人と人とがつながるきっかけの場になればと願っています。





その願い通り

「おらほのラジオ体操」は

全国1200箇所以上の役所や企業・団体で

昼休みなどに実施されたり

大きなスポーツイベントの公式準備体操として

採用されるなど

確実にその輪を広げています。







posted by 昨晩 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

雨ニモマケテ 風ニモマケテ

少し前

「雨ニモマケズ」自分バージョンを作ろう

と書いたが

星野富弘に

雨ニモマケテ 風ニモマケテ

という詩があることを思い出した。





雨ニモマケテ 風ニモマケテ

夏ノ暑サニモマケテ

東ニ病気ノ人ガイテモ

西ニ困ッテイル人ガイテモ

ナニモシナイ



丈夫ナカラダニナリタクテ

健康食品ニ気ヲクバリ

ウマイモノガ好キデ

マズイモノガ嫌イ

オカネモホシイ

キモノモホシイ

ソンナ私ガ アオムケニ寝テイル





雨にも風にも負けていると書く星野さんに

どうして負けたと思ってしまうのだろう。









posted by 昨晩 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Beautiful Days

Image287.jpg


午後 出先から戻る途中

信号待ちで何気なく見上げた空に

雲が輪になっていたので

すかさず撮った。



まぁ こんなこともあるさ

という偶然のひとコマだろうけど

空っておもしろいね。



このあと

珍しいものを見たせいか

なんだか得したような気になって

テンションが上がり

鼻歌なんか歌いながら

帰社した。



その時の鼻歌がコレ☟☟☟



posted by 昨晩 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

心の声を素直に聞く

偶然こんな過去記事を見る機会があった。



やっぱり

ちゃんと聞いていこう

そして

素直に従ってみよう



思った。



posted by 昨晩 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Memories





posted by 昨晩 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この道の先で

悲しいことも 支えあうたび

大切な思い出に 変えていける

この長い道の先に

君がいてくれるだけでいいのに










posted by 昨晩 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

もらい泣き

本屋で冲方丁の「もらい泣き」を立ち読みして

不覚にもというか

やっぱりというか

涙がこぼれてしょうがなかった。



でも

この涙は

明日も頑張ろうっていう気持ちになれる涙だ。



この本は

彼がいろんな人から聞いた実話を

リライトして月刊誌に発表した話をまとめたものであるが

後書きにも書いてあるとおり

こうして一冊の本になってみると

一人の人の話をずっと聞いている感覚になってくるから不思議だ。



お疲れモードの人に是非

とのことなので

本屋で見かけたら

立ち読みでパラパラと見てみることを

おすすめする。



個人的には

ぬいぐるみ



先に行きます

がよかった。



posted by 昨晩 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

ファッショナブル・ラヴァー

大学時代

深夜ドライブの定番ナンバーだった曲

ノリが良くて

おしゃれで

テンションあがったなぁ









posted by 昨晩 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたにしかできないこと

ダイスケとZIPPEI の旅を見て

もこみちのクッキングを見て

梅ちゃん先生を見る

これが毎朝の日課だったけれど

ダイスケとZIPPEI はもう見れなくなってしまった。



このまえの金曜日に

ZIPPEI のお別れ会の様子をやっていた。

そこでダイスケが歌った歌がとてもよかった。



ダイスケもZIPPEI も

彼らにしかできないことを

知らないうちにしっかりやっていたと思う。



渦中にいるときや

当の本人は

意外と気づいていないってことは

往々にしてあることだ。



ありがとう、ダイスケ そして ZIPPEI







あなたにしかできないことや

ぼくにしかできないことがある

まだぼくは見つけていないけど

誰かに認めてほしいから



すれちがう子どもの微笑みも

フィルムに切りとったこの空も

ひとつずつ紡いでいければいい

旅は途中

とくべつなぼくに

いつかなれるはず





posted by 昨晩 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝陽の中で微笑んで

ユーミンの作詞作曲なのに

完全にハイファイセットの曲だ。

山本潤子はスゴイ。







posted by 昨晩 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海辺の避暑地に

まるでフランス映画のワンシーンのような

洒落た雰囲気



静かな海辺

まばゆい陽射し

遠く切なく

輝いていたあの夏が

懐かしさとともによみがえる



ハイファイセット 1977年の作品







海辺の避暑地に過ごしたあの夏

華やぐ人の群れ にぎやかな店先

小さな家を借りて ささやかなテーブル囲んだ

そんな僕たちは



ただ船を眺め キャンディーをなめて

通り過ぎたよ 白いレストラン

ただ船を眺め 朝は早くから

一日浜で肌を焼いた



海辺の避暑地に過ごしたあの夏

波が静かな日は 島まで漕ぎ出した

古びたボートで



ただ船を眺め キャンディーをなめて

少し悲しく キレイだった







posted by 昨晩 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

出会いという化学変化は、自分では動かせない岩を動かせる

この前のアシタスイッチで

俳優の森山未來と対談したスガシカオが

この言葉を言った。



森山は森山で

自分の99%は人との出会いで成り立っている

と言うくらい

人との出会いを大切にしているようなので

他者の自分に与える影響の大きさを

認識している者同士

話が弾んだのだろう。





成功も幸せも

と書くといかにも俗物的だが

わかりやすい例えとして

そして

多くの人の最大関心事

という意味で

あえて成功と幸せとするが

成功と幸せは人が運んでくる

あるいは

人との関わりの中から生まれることが

かなり多いことは事実だ。



もちろん

自分の最大限の努力があることが大前提だが。







posted by 昨晩 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする